ナーのおすすめビルドとカウンターチャンピオン

  • 2021年11月30日
  • 2021年12月18日
  • LoL
  • 4回
  • 0件
LoL

League of Legends(LoL)のTOPナーのおすすめビルドとカウンターを紹介します。
集団戦でスタン決まると気持ちよすぎるヨードルを使いこなしていきましょう。

ナーのおすすめビルド

ナーのおすすめルーンは、握撃かフリーフットワークになります。
握撃はタンクとしての基本ルーンでフリーフットワークは回復しつつ戦える手段となっています。
タンキーなら握撃で、ファイターとして使用するならフリーフットワークにするのがおすすめです。
サブは握撃なら覇道、フリーフットワークなら不滅を選択します。

おすすめ装備アイテムは、ディヴァインサンダラーを作成して後は防具を作成していきます。
攻撃的にいくのならストライドブレイカーからの王剣、ウィッツエンドなどもありです。
ステラックの篭手、ライデュインオーメン、ソーンメイル、黒斧を作成します。
1v1で戦うことを意識するのではなく、やはりメガナーになったさいのタンクを意識するべきです。

ナーのカウンターチャンピオン

ナーのカウンターチャンピオンは、リリア、マルファイト、イレリア、オーン、クレッドになります。

リリアはレンジと移動速度増加で追撃を簡単に行うことができます。
また、Rでメガナー状態を止めることが出来るので飛んできそうなタイミングを潰すことも可能です。
パッシブでダメージが通ることのも有効な点です。

マルファイトはAAを当てる際にQを受けてしまうのとシールドでダメージトレードが成立しないことが多いからです。
集団戦においてもエンゲージが難しいナーよりいつでも突っ込めるマルファイトのほうが有利にすすめることができます。

イレリアは、回避能力と追撃性能で1v1ならナーに勝つことができます。
ある程度の攻撃をWで耐えることができるのも特徴です。

オーンは、Wでによる行動阻害不能でメガナー状態でも気にせず戦えるのとQの射程でナーに当てることができます。
マルファイトと同じくナーより簡単に集団戦でのエンゲージを行えるのも利点です。

クレッドはブリンクスキルと重症、攻撃力がナーより単に優れています。
Rによるロームで例え負けてしまったとしても他レーンに介入することができます。
スカールから降りてからもナー相手には勝てることが多いです。

カウンター対策

結局集団戦のRの入り方なんですけど、それを言ったら終わりなのでおいておきます。

リリアは近づかれると勝ち目がありません。
なので基本は遠くからCSをとりつつメガナーのタイミングで仕掛けていきましょう。
集団戦では、眠りになる前にRを発動させることが重要です。

マルファイトとオーンは、無理に戦わない限りレーンはイーブンで終わることができます。
集団戦の入りをいかにメガナーのゲージを管理することが出来るのかの勝負になってきますので頑張りましょう。

イレリアはミニオンの体力を見て、相手のスタックが溜まっていない状態で戦闘すればレーンでも勝つことは可能です。
集団戦でナー状態では捕まえる、勝つことは出来ないのでメガナーをしっかり管理しましょう。

クレッドはQを当てられた場合はしっかりEで逃げることを意識します。
さきにEに当たっている場合は逃げ切れないかもしれませんが、レーンを耐えつつ他レーンにいけないようにプッシュもある程度はしっかり行いましょう。
クレッドはタンクではないので5v5の睨み合いならナーのほうが有利になるはずです。

おすすめ動画

ナーのおすすめ動画です。