コーキのおすすめビルドとカウンターチャンピオン

  • 2021年12月14日
  • 2021年12月18日
  • LoL
  • 1回
  • 0件
LoL

League of Legendsのコーキのおすすめビルドとカウンターを紹介します。
ADCのようなビルド構成でAPダメージを出すことが出来るメイジを使いなこんなしましょう。

コーキのおすすめビルド

コーキのおすすめルーンは、フリーフットワークになります。
冷静沈着、血脈、最期の慈悲を選択します。
サブルーンは天啓で、魔法のブーツとビスケットかタイムワープトニックを選択します。
お金とマナを補完します。

おすすめ装備アイテムは、イモータルシールドボウをミシックアイテムで作成します。
2コア以降マナムネ、エッセンスリーパー、ラピッドファイアキャノンを作成していきます。
その後はモータルリマインダーやインフィニティエッジを作成します。

コーキのカウンターチャンピオン

コーキのカウンターチャンピオンは、カシオペア、エコー、カサディン、リサンドラになります。

カシオペアはコーキのブリンクを無効にする釘付けがあることでハードカウンターとなっています。
また、攻撃する際は前を必ず向かないといけないコーキにはRが当てやすくなっています。
序盤から後半までずっとカシオペア有利のマッチアップになっています。

エコーはブリンクを使用して、コーキの逃げを追撃することができます。
またスタンシールドも当てやすく、レーン戦で有利をとれます。
レベル6以降はパッケージのダメージをRで無効化することができますので、ほとんどダメージを受けることなく戦うことが可能です。

カサディンは、APシールドがありパッケージがなければ継続ダメージのコーキは不利になります。
Wでの逃げにもRで追いかけることができ、コーキのRも着地する前にRで回避することができます。

リサンドラはブリンクで追撃することができ、スネアも決めやすくなっています。
お互いが継続ダメージになっていますが、リサンドラのほうが強くなっています。
Rで動きを止めることが出来るので簡単に倒すことができます。

カウンター対策

カシオペアはレベル6まで安全にファームを行います。
コーキのRを覚えてからはゆっくりとRを当てていきましょう。
カシオペアのRを避けることができれば、そこそこは戦えますが1v1は勝てません。
パッケージを拾ったらレーンを離れて戦いましょう。

エコーは継続ダメージを積み重ねていきます。
エコーのQに当たらないように気をつけ、Wもエコーのスタンシールドを見てから使用しましょう。
エコーのRを使わせるのが目的なので倒し切るよりは使わせることを目標にしましょう。

カサディンはシールドが邪魔になります。
一応AP変換になりますが、装備が整うとダメージは出せるようになっていきます。
カサディンのRの追撃、逃げにコーキは対応できないのでしっかりとダメージを与えておきましょう。

リサンドラはレーンを安全に行い、他レーンにキルを取りに行きます。
序盤と中盤はリサンドラ有利なので、中盤以降で勝っていくようにしましょう。
Rを自分に使わせることができればOKです。

おすすめ動画

コーキのおすすめ動画です。